海外インターンシップの片付け方

海外でインターンから帰ってくるときの片付け方メモ。金の話。

銀行口座

お金を引き出す必要がある。一日に引き出せる額は決まっていることが多いので、計画的に現金を引き出す。よほど多くない場合はキャッシュで持ち帰れるので、その後の取り扱いは持ち帰ってから考える。

いつ日本円に戻すか、というのが問題だが、日本円に困っていなければ外貨のまま持っておいて、次行く時に使うのがよい気がしている。私の場合はユーロなので、キャッシュのまま持ってます。

海外の税金

源泉徴収されていたお金のうち、いくらかは取り戻せることが多いので、取り戻しておく。ググれば出てくることもあれば、出てこないこともある。私の場合は、アイルランドだったので、国内情報はなし。所得税を取り戻す方法がわからなかったので、Form P50 を記入して送ったら Universal Social Charge (USC) は返ってきた。
http://www.revenue.ie/en/personal/circumstances/student.html#section7

このとき、小切手で受け取るか銀行に振り込むかを選択できるのだが、何を思ったか小切手で受け取るを選んでしまった。日本で小切手換金するの面倒くさいので、銀行口座振り込みがよさげ。

確定申告

日本居住者は、全世界所得というのを申告して、それを元に所得税を計算するらしい。つまり、海外で働いて海外で給与をもらったら、海外で所得税を払っていたとしても、すべて申告する必要があるらしい。海外で所得税を払っていた場合には、その分、外国税額控除を受けられる、ということでバランスをとっているらしい。ただし、外国税額控除、そんなに大きくないので、海外の所得税取り戻したほうがお得なことが多いと思った。

このへんの確定申告のやり方、かなり探してやっとそれっぽいものが見つかった。「外国税額控除を受けられる方へ」でググると最新のファイルが見つかると思いますが、一応今年の版を。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2014/pdf/20.pdf
確定申告でわからないところは、税務署に行くのではなく電話で聞くのがいいっぽいです。税務署混みすぎ。

海外で給与を貰っていた、かつ、海外で所得税を収めていた場合だと、

  1. 所得のところに海外で貰った給与の額を記入(このとき日本に税金を払っていないならば源泉徴収はゼロと記入)
  2. 国税額控除の欄で、給与額と向こうで収めた税金の額を記入
  3. その際、給与をもらった日&税金の額が確定した日のレートを使って日本円に変換する

(三回給与もらった場合は、外国税額控除のところでは三つに分けて書くそうな)

ダブリン生活x日目

忙しくてブログどころではなかったが、そろそろダブリン生活も終盤に差し掛かっているので、やったことを書いておく。出社するのはあと5回。

  • ロンドン行った

ロンドンに何人か友人が住んでいるのでロンドンに週末遊びに行った。金曜の夜発、日曜の夜帰宅。実際に飛行機に乗る時間は1時間半くらい?ものすごい近い。ただし、ロンドン行きの飛行機は1時間以上ディレイしてなんかしんどかった。ロンドンは夜もわりと安全で、特に地下鉄は安心感しかなかった。

有名な観光名所はだいたい巡った。大英博物館とか、とりあえずあるもの全部並べた感じがいろんな意味ですごい。

食べ物はやっぱりあまり美味しくない。フランス系のカフェに入ったが、それでもあまり味付けをする気がないらしい。

日本人多い。街歩いていてちょいちょい見かけました。

  • Wicklow 行った

バスツアーを予約して、週末で Wicklow ツアーに参加。景色、本当に素晴らしかったし、運転手さんのコミュ力、半端無かった。昼飯、ぼっち飯しようと思ったけどぼっち飯が許されない感じの雰囲気だったのでコミュ力を振り絞ってアジア系の女の子二人組とご飯を食べる。アジア系だけど彼女らアメリカ人だった。

8月くらいだったら花がすごい咲いていたらしくて、8月に行っておけばよかったなぁと思った次第。あと下調べしておけばよかったなぁと。

  • カエル食べた

中華料理屋でカエルを初めて食べた。ほぼ鶏肉。

ダブリン生活45日目

体調悪かったが出社。インタンが4倍くらいに増えててビビる。そろそろブログ書く話もなくなってきた。体調悪い。

ダブリン生活44日目

ダブリン生活に戻る。フランスから帰ってきた夜にすぐ洗濯機を回したのはよかった。ちょっと体調を崩して一日中寝ていた。

フランス滞在7日目

二日酔いもなく元気に起きる。10時くらいにTGVでナンシーからパリへ。昼飯を食べる時間がなさそうだったので、駅のPaulでサンドイッチを買い食べる。14時くらいにはパリからCDGに出発したかったのだ。

12時前くらいにパリ東駅。メトロとRERを乗継し、凱旋門へ。でかい。どんだけ頑張って作ったんねんと。凱旋門の下へ行く地下道で日本語で話しかけられたので反応してしまったが、ヒモを括りつけられるアレに会いそうになったので、すぐにサヨナラした。
f:id:kanojikajino:20140920122518j:plain

上に登るの、若干待っていたのと、階段を上がるには暑かったのでやめてふらふら歩く。が、この周辺はあまりおもしろいものなさそう。

RERで、メトロと乗り換えした駅に行き、その周辺をぶらつくことに。ここはRERのB線が通るので、空港に行くのに便利。

南に歩くと、セーヌ川。ただの川。ただし、なんか橋が長い気がする。この写真の先に見えるのはなんか刑務所的なところ。
f:id:kanojikajino:20140920131820j:plain

なんかフランスで一番古い壁掛け時計だとか?付け替えられたらしいけど。
f:id:kanojikajino:20140920132554j:plain

あとは買い食いなどをしつつ、適当にRERに乗り、CDGへ。途中駅に止まらないやつだったので、わりと安心だった。

アイルランドへ再入国する際は、滞在許可を見せればスムーズだった。よかったよかった。

フランス滞在6日目

最終日はワークショップなど。

昼まで会議に出て、昼は適当にサンドイッチを買い、会場で食べる。デザート付き。そして仲良くなった人の発表を聞く。今日会場に来てない人などもいたので、メールしたりする。
f:id:kanojikajino:20140919152027j:plain

午後はちょっと会議に出るが、あまり面白そうなトピックではなかったので、昨日行った美術館にまた行く。Francis Gruber という人の Autoportrait という作品が好み。あと Kazuko Shiihashi という人の作品がとても格好良かった。

帰り際に教会に寄りつつ、タルトを買って帰る。はじめの方に買ったワインを空けなければならないのだ。
f:id:kanojikajino:20140919182416j:plain

半分くらい飲んだ後、つまみを買いに外を出歩き、戻ってもう半分飲む。お酒、強くなった。
f:id:kanojikajino:20140919215033j:plain

そして食後に、フランスに留学している友だちにもらったさぬきうどんを食べる。器具が不足してるので、あんまりうまくシメられなかったが、おいしかった。
f:id:kanojikajino:20140919233739j:plain

フランス5日目

午前中は普通に会議に出つつ、昼休みに美術館に行ってみる。スタニスラス広場のところにあるやつ。三階建てくらいで、結構見応えがある。

草間彌生の作品が印象的。他にも色々いいかんじのがあったのだが、時間の関係上学会に戻る。
f:id:kanojikajino:20140918133617j:plain

昼食代わりにアイスクリームを食べる。キャラメル。当然のようにうまい。
f:id:kanojikajino:20140918134241j:plain

会議の最後に自分の研究を発表し、ポスターセッションでも発表をする。ただ、このポスターセッション、軽食やらお酒やら出るので、とても楽しい。
f:id:kanojikajino:20140918193659j:plain

終わった後、地元の人に謎の施設に連れて行ってもらった。普段はみんなでダベったり本を読んだりとかをする非営利団体?だけど、木曜日は地元のビールを出して飲むらしい。CCANというところ。行った時にはもう閉まりかけだったのだが、ちょっと延長してくれた。その後、若者の集まる系のバーにも行くなどし、地元を満喫する。